終活に関連する情報から60代以上の人を対象にした情報をあつめていきます。

終活物語

「 月別アーカイブ:2018年06月 」 一覧

相続 終活

生前贈与に困ったら税理士無料相談を受けよう

2018/6/25  

自分の持っている財産・財産のどうやって子供や孫にわたすのかも 終活をするのにあたり、決めて置かなければならない大事なことです。 財産を次世代に引き継ぐにあたり、 「生前贈与」という方法があります。 生前贈与とは? 人が亡くなった時後に、亡くなった人の財産を引き継ぐことを「相続」と言い、 人が生きている間に、財産を与えることを「贈与」と言います。 相続、贈与ともに財産を次の世代へ渡すことを示し、 生前贈与は「生きているうちに、自分の財産を渡すこと」です。 厄介なこととしては「相続」「贈与」ともに税金がかかる点で、 それぞれ「相続税」「贈与税」を呼ばれます。 日本の相続税・贈与税の負担は世界的に見ても重く、 G7の中でも税率が一番高いです。 生前贈与のメリットとしては以下があります。 ・相続人以外に財産・をわたすことができる点 ・財産を確実にわたすことができる点 生前贈与のデメリットとしては 生前贈与は、相続よりも税金が高くなる傾向があります。 贈与税には年間110万円の基礎控除額が規定されています。 基礎控除以内の金額であれば贈与税がかかりません。 また、贈与税には特例があります。 この ...

no image

相続

終活で一番大変な相続・相続税

2018/6/21    

「エンディングノート作成」 「お墓探し」 「お葬式手配」 「身の回りの物の整理」 順調に終活を進めていると突然一つ大きな壁が出てきます。 それが財産の「相続問題」「相続税」の問題です。 「相続なんてお金持ちの家だけの問題でしょう?」 「元気なうちに、相続の話なんて・・・」 と思いがちですが、ごくごく普通の一般的な家庭でも起こる壁です。 相続はすべての人に起こり得るのです。 相続は財産の多い・少ないにかかわらず必ず起こります。 「相続」が大事にな点として、法的な準備が必要になるというところです。 遺言書を用意しないと、サスペンスドラマでよくある相続問題でもめているシーン、あのような家族間での揉め事が起こる可能性が出てしまいます。 相続受ける人である「相続人」がもしも認知症になってしまったとしたら? 長寿になっている現代人は誰にでも認知症になってしまう可能性があります。 認知症になってしまうと物事の判断能力が欠けていってしまいますので、 家族間の大事な話し合いがまとまらなくなってしまいます。 その場合、後見人をつけるのですが、 後見人をつけるだけでも半年ほどかかり、この期間は相続する口座か ...

終活

中尾彬さんも始めた終活。自分はどうしたら良いか考えちゃいますよね

2018/9/19  

親にも読んでもらいたい「終活夫婦」 2018/4/27に「終活夫婦」という本が出版されました。 「終活夫婦」は俳優・タレントをされている中尾彬さんと妻の池波志乃さんによる著書です。 「終活夫婦」の刊行記念トークショーで、終活についてインタビューに答え、 池波志乃さんにトレードマークのストールを200本捨てられたと話されていました。 終活をテーマにした本を著名な芸能人の名義で出版するということは 終活が身近になってきたという証拠でしょう。 終活とは 終活は自分の人生の終わりがくる前に、身の回りの整理をしていく活動のこと。 終活の代表的な内容として「エンディングノート作成、遺言書の作成・財産分与を考える・所有物の生前整理(いらないものを処分)、お墓を作る、不動産を売却」があります。 終活している芸能人 中尾彬さん以外にも終活を始めている芸能人がいらっしゃいます。 みのもんた ビートトたけし ピーター(池畑慎之介) 中田敦彦 中村メイコ 夏木マリ 橋田壽賀子 デヴィ夫人 高畑淳子 高橋英樹 坂上忍 財前直見 久米宏 金子哲雄 いとうあさこ 泉ピン子 有賀さつき 浅香光代 秋野暢子 終活はどん ...

終活

終活を始める前に読んでおきたい一冊

2018/9/19  

終活を始める前に読んでおきたい一冊 終活という文字をみると、人生終わっちゃうんだなとネガティブなイメージになるかもしれませんが 終活の定義はポジティブなものです。 『終活』は2009年週刊朝日のコラムで葬儀相談員の市川愛さんで初めて使用した新しい言葉です。 この頃は「人任せにしない自分の終わり方」「人生を前向きにいる活動」といった意味でした。 2012年には流行語大賞トップ10にノミネートされてから終活という単語の認知度があがってきました。 その後、終活カウンセラー協会が立ち上がり、終活の定義が「誰にでもやってくる終焉を受け入れて、人任せにしない自分らしく生き生きと暮らす活動」となりました。 人生の終わりが近づいてきても、人間前向きに生きていこうと仏教に近い概念になっていますね。 今を楽しく生きることが大切。 このページでは終活に関連する情報が書かれている本を集めてご紹介していきます。 いきなり終活を始めるのではなく、ちょっとした事前知識を持っていると何事もスムーズに進められますよね。 終活・相続の便利帳 エンディングノートに終活・相続でこまったことの内容が追加されている一冊。 自分の ...

no image

お墓

なぜ霊園の現地見学が必要なのか?これからお墓の探す人は失敗しないように下見に行きましょう

2018/9/25  

この記事ではなぜ霊園の現地見学が必要なのか?について記載していきます。 最初に自分はお墓を立てる必要があるのか?を調べておきます。 お墓を立てる必要性がある人はこのような場合です。 先代からのお墓がなくて新規にお墓を建てないといけない 家族や親族との関係性が悪いなどが原因で先代からのお墓に入りたくない・入れない 自分で新しくお墓を建てたい(子供がいない、娘が嫁いでいる、子供に迷惑かけたくない) 田舎にお墓があるが不便なので、新しく買う必要がある お墓に関係することは自分が生きているうちに決めておかないと 遺族にとっての負担要素になります。 できる限り遺族の負担を減らせるようにどうするか決めておきましょう。 霊園の敷地・お墓を買うのって結構競争力が高くて、気がついたらなくなっていたということもあります。 霊園・墓地の違い 霊園にも種類がありますので最初に違いを抑えておきましょう。 霊園には ・都道府県市町村の自治体が管理する「公営霊園」 ・公益法人・宗教法人が管理する「民営霊園」 ・お寺が管理する「寺院霊園」があります。 寺院霊園は墓地(寺院墓地)と同義です。 寺院霊園の場合には、自分の ...

遺品整理

自宅にいながらオーディオ機器の生前整理・遺品整理をするには

遺品整理の中にはオーディオ機器が含まれている場合があります。 「故人が残された思い入れのあるオーディオ機器があるけど自分では使い方もわからないのでそのままにしてある」 という方も多いのではないでしょうか。 オーディオ機器の遺品整理をそろそろしたい!と考えていても ・捨てるのにお金がかかるのが嫌 ・オーディオ機器は重量があるので運び出しが大変 ・捨てるのに踏ん切りがつかない と実行するのに腰が重くなる要因は多々あります。 オーディオ機器は専門の買取業者へ任せる オーディオ機器は大型のものが多いため捨てるとなると、お金を支払って回収してもらう粗大ゴミ扱いになってしまいます。 売ったとしても微々たる額にしかならないと考えているかもしれませんが、型番やメーカーがはっきりとしない古いオーディオ機器でも 「オーディオブーム時期」に購入された機種であれば高値でオーディオ機器の買取ができる可能性があります。 オーディオ機器の買取ができるか調べてみる >> なぜ古いオーディオ機器が高値で売れるのか? もともとオーディオ機器は高価なもので、バブル期もあり こぞってオーディオ機器を買いあさり音楽鑑賞が一つの ...

葬儀

緊急時に遺族に負担を掛けないように葬儀の準備をしておく。生きている内に葬儀先候補をきめておく大事さ

2018/7/5  

緊急時に遺族に負担を掛けないように葬儀の準備をしておく。生きている内に葬儀先候補をきめておく大事さ もしも自分が死んでしまった場合、遺族はお葬式の準備をすることになります。 しかし、身内が突然亡くなってしまい精神的なショックを受けている中で お葬式に関する手配をしていくのは非常に大変です。 こういった家族への負担を掛けないように葬儀先を自分できめておくことで 遺族の負担をへらすことができます。 葬儀に関する情報は切羽詰まった状態にならないかぎり調べることがないと思います。 そのため、経験がない人にとっては何をどうしていいのかわからないのが問題。 病院から紹介される葬儀社に言われるがまま進めていくことも少なくありません。 葬儀の場合には金額相場がわからないのも負担をかけてしまいます。 生前、葬儀を行う場所や段取りを決めておくだけでも 遺族負担が大分違いますよね。 そこで葬儀について相談できる「いい葬儀」をご紹介します。 葬儀の相談は「いい葬儀」がおすすめ 「いい葬儀」が選ばれるポイント 優良葬儀社のみ厳選紹介(取扱社数No.1) 全国対応、24時間365日対応可能 お客様の声を1つ1つカ ...

Copyright© 終活物語 , 2019 All Rights Reserved.