終活に関連する情報から60代以上の人を対象にした情報をあつめていきます。

終活物語

「 の記事 」 一覧

免許返納はしないが、高齢になって自分の運転が心配

終活

免許返納はしないが、高齢になって自分の運転が心配

免許返納はしないが、高齢になって自分の運転が心配 度重なるアクセルとブレーキの踏み間違いの自動車事故のニュースを見て

遺品整理

【需要あり】エアガンをゴミへ出す前に確認!サバゲーに使っていたエアガンは売れます。宅配買取を検討してみましょう

2020/2/5    

趣味で持っていてどう処分していいのかわからないものの一つに 「サバゲー用のエアガン、トイガン、ミリタリーグッズ」があります。 家の中に眠っていませんか? ゴミとして捨てるには大きいですから、処分費用がかさんでしまう。 しかし売りに行くのに運ぶのは大変です。 もしも売りに「サバゲー用のエアガン」を売りに行くとした場合 どういう場所に行けば良いのかもわかりません。 サバゲー用エアガンはミリタリーショップへ エアガンやトイガンを扱っている専門ショップである「ミリタリーショップ」へ行けば 多くの店で中古買い取りを行っています。 しかし、買い取りをしてくれるお店がどこにあるのか わからないです。 そうなるとネットで調べて出てくる店に頼るしかないのですが、 自分の住んでいる近くにはそのようなミリタリーショプは見当たりません。 そこで便利なのが「宅配買取」になります。 宅配買取サービスとは? 宅配買取は、査定の連絡を入れた後に送られてくる宅配キット(段ボールや売るための書類が一式揃っている)を サバゲー用品の買い取り業者が事前に用意してくれて、売る側は自宅で宅配キットに詰めて宅配便を送るだけで査定が ...

遺品整理

遺品整理は前向きに生きるために自分の気持ちの整理でもある。自分一人で両親の遺品整理をしていくのはとても大変

2018/11/28    

両親の遺品整理は大変で時間もかかる 自分一人で両親の遺品整理をしていくのはとても大変なことです。 「あなたが今使っているものor 使っていないもの」はなにがあるか考えてみてください。 使っているものだけでも相当な量になるはずですが、 昔の写真やアルバム、自分で契約した書類や集めてきた趣味のグッズなどを見直してみると 一度ものを処分したことがあるミニマリストでもない限りものすごいたくさんの量になるはずです。 両親の所持品を掘り返していくとなると、要るものいらないものと仕分けするだけでも大変ですよね。 第三者が遺品整理をすることで、すぱっと捨てられる。 本当に大事なものや、形見分けするものを優先的に整理していくのは当然ですが、 遺品整理がなかなか片付かない理由の一つに、一つの物を取っては一つの思い出を懐かしんでいくことがあります。 思い出の品を丁寧に探していると時間がかかる上、思い出がつまっているので処分もできない。 結局捨てられないものだらけになってしまい、何も片付かないことにもなります。 強引ではありますが、第三者である「遺品整理業者」を入れることで遺品整理を効率化よく進めることが可能 ...

遺品整理

2020年に「古いレコードプレイヤー」は今うれるのか?オーディオは中古でも重要があるので売れます

2020/6/5    

「新しいオーディションシステムを買い直したいので、置き場所がないから古いレコードプレイヤーを処分したい。」 「親から受け継いだレコードプレイヤーがあるけど邪魔なので処分したい」 「レコードは管理が面倒なのでレコードプレイヤーを処分したい」 こういった悩みはあると思います。 問題は 古いレコードプレイヤーを使いたい!!という人が隠れているんです!! アナログレコードの事情 2020年 アメリカではアナログレコードがCDの売上を33年振りに超える予測が立っています。 アナログレコード市場の売上が1週間で100万枚を突破するという過去最高記録が樹立された。 アメリカでは12月20日から26日の週にかけて124万3000万枚のアナログレコードが購入された。これは1991年以降、過去29年で最高の売上記録となった。1991年からはニールセン・ミュージックがアメリカ国内の音楽売上高を毎週記録し始めてきたが、そこにはアナログレコード市場の売上も含まれる。 また1991年以降、1週間で100万枚のアナログレコードが売れたのはアメリカでも初めてだ。 アナログレコード売上、初の100万枚を突破。過去最高記 ...

お墓

代々受け継いだ墓を手放す「墓じまい」が増えてます。お墓の維持費が負担になっている、お墓参りが行くことができなくなったら要検討

あなたはお墓の管理はしっかりと出来ていますか? 少子化の影響もあり、墓守ができない、墓守の継承者がいないということが問題になってきています。 「お墓の維持費が負担になっている」 「高齢者になってしまってお墓参りが行くことができない」 「お墓を処分するか迷っている」 お墓を管理する上で、思いもよらない悩みが出てきます。 先祖のためにお墓を維持してきたけれど、自分の負担が大きすぎると感じたら 「お墓の墓じまい」を検討するのも一つの方法です。 墓じまいとは 墓じまいとは、墓を仕舞うこと。お墓を解体・撤去するという意味で、 お寺の墓地や霊園からお墓そのものを片付けて返還することです。 お墓を守る人がいない、お墓のある場所が遠くてなかなか行かれないという理由で 墓じまいを考える人が増え、テレビや新聞でも取り上げられるようになりました。 Yahoo!ニュースでも「墓じまい」についての記事が上がっています。 代々受け継いだ墓を手放す「墓じまい」が増えているといいます。こうした中、注目を集めているのが「納骨堂」。弔いのかたちがいま、変わろうとしています。https://t.co/Z9BGucJSmP ...

シニアのお仕事

60代のシニア・高齢者でもガンガン働きたい!おすすめの仕事先の探し方

2018/8/7    

定年を迎え、高齢者になって第二の人生を楽しんでると思われますが、 ずっと家にいるのは嫌になってきたので、ちょっと働いてみようかな?と考えたりしていませんか? ・新しいやりがいを見つけたい。 ・ずっと家にいると妻が不機嫌になるのも嫌。 という悩みもありますよね。 有名な「マズローの欲求5段階説」にはこうあります。 「マズローの欲求5段階説」は人間が生きていく上の欲求の方向が変わっていくことを示したもので、 低い層の欲求が満たされると、より高い欲求を満たさないと満足できなくなるという説です。 人間が生きていくために必要な衣食住が安定し、安全に暮らせるようになると、次に人間が欲しくなるのは 「社会的に自分の存在を認めてもらいたい!」欲求が出てきます。 お金持ちが寄付したり、社長が地位を求めたりするのも 「マズローの欲求5段階説」に当てはまり、社会貢献をすることで、自分の承認欲求が満たされるからなんですね。 「社会的に自分の存在を認めてもらう」ためには、 人と触れ合う機会をつくらなければいけません。 自分の承認欲求を満たしたい!この点からも「仕事」を始めてみると新しい出会いと体験ができますし、 ...

葬儀

【厳選】葬儀の見積もりで使いたいおすすめのサービスランキング

2019/5/23    , ,

家族に対してできるかぎり迷惑をかけないように、将来に向けて葬儀を考えているのであれば、少しずつでも情報を集めておくことが大切です。 ぼんやりと「葬儀」に対して考えていても 実際に迎えると様々な手続きがあり非常に大変です。 ・予算はいくらなのか? ・場所はどうするのか? ・どういった内容になるのか? ・葬儀後の手配はどうするのか? 考えていくと心配事は増えていきます。 調べていく中で葬儀の見積もりを一度取ってみると 全体像が見えてきてわかりやすくなります。 この記事では「葬儀の見積もりで使いたいおすすめのブランドランキング」をご紹介します。 1位  いい葬儀 1984年創業の出版社である株式会社鎌倉新書(東証一部上場、証券コード:6184)が運営している 日本最大級の葬儀ポータルサイト「いい葬儀」では葬式・葬儀の見積もりができます。 優良葬儀社・大手葬儀社を厳選して掲載しています。 「いい葬儀」の特徴 急な病院・警察からの移動、葬儀手配にも対応 平成11年10月に開設し、累計相談数30万件を突破した実績ある企業 優良葬儀社のみ厳選紹介(取扱社数No.1) 全国対応、24時間365日対応可 ...

遺品整理

2018年に古いMDコンポは今うれるのか?オーディオは中古でも重要があるので売れます

2019/5/13    

カセット、CDと続いて出てきたデジタルオーディオの光学ディスク記録方式、記録媒体であるミニディスク(MD)は 2018年になってすっかり見ることがなくなりました。 MD自体はCDより小型になるし、持ち運びに便利でしたよね。 当時MDウォークマンを毎日持ち歩いていたのを思い出します。 MDが普及しなかったのには理由があり、 MDは1999年(平成11年)に発売が打ち切られました。 ・音声圧縮によりCDと比べて基本的に音質や情報量が劣る。特に登場当初はエラー修正に容量を割いていたため記録量が半分しかなく、競合規格のDCC以上にオーディオマニア層に嫌われた。 ・多くのユーザーから「MDはCDをコピーして外に持ち出すことのできるメディア」として認識されたことで、CDでも発売されているタイトルをわざわざMDで購入するメリットを訴求できなかった。 ・初期はポータブル機から普及が進んだため、据え置き型のMDレコーダーやMDデッキ搭載コンポーネントシステムが相対的に普及していなかった。 ・ダブルMDデッキがダブルカセットデッキほどは普及しなかったため、複製がCDや音楽テープよりも面倒だった。また複製で ...

相続 終活

生前贈与に困ったら税理士無料相談を受けよう

2018/6/25  

自分の持っている財産・財産のどうやって子供や孫にわたすのかも 終活をするのにあたり、決めて置かなければならない大事なことです。 財産を次世代に引き継ぐにあたり、 「生前贈与」という方法があります。 生前贈与とは? 人が亡くなった時後に、亡くなった人の財産を引き継ぐことを「相続」と言い、 人が生きている間に、財産を与えることを「贈与」と言います。 相続、贈与ともに財産を次の世代へ渡すことを示し、 生前贈与は「生きているうちに、自分の財産を渡すこと」です。 厄介なこととしては「相続」「贈与」ともに税金がかかる点で、 それぞれ「相続税」「贈与税」を呼ばれます。 日本の相続税・贈与税の負担は世界的に見ても重く、 G7の中でも税率が一番高いです。 生前贈与のメリットとしては以下があります。 ・相続人以外に財産・をわたすことができる点 ・財産を確実にわたすことができる点 生前贈与のデメリットとしては 生前贈与は、相続よりも税金が高くなる傾向があります。 贈与税には年間110万円の基礎控除額が規定されています。 基礎控除以内の金額であれば贈与税がかかりません。 また、贈与税には特例があります。 この ...

no image

相続

終活で一番大変な相続・相続税

2018/6/21    

「エンディングノート作成」 「お墓探し」 「お葬式手配」 「身の回りの物の整理」 順調に終活を進めていると突然一つ大きな壁が出てきます。 それが財産の「相続問題」「相続税」の問題です。 「相続なんてお金持ちの家だけの問題でしょう?」 「元気なうちに、相続の話なんて・・・」 と思いがちですが、ごくごく普通の一般的な家庭でも起こる壁です。 相続はすべての人に起こり得るのです。 相続は財産の多い・少ないにかかわらず必ず起こります。 「相続」が大事にな点として、法的な準備が必要になるというところです。 遺言書を用意しないと、サスペンスドラマでよくある相続問題でもめているシーン、あのような家族間での揉め事が起こる可能性が出てしまいます。 相続受ける人である「相続人」がもしも認知症になってしまったとしたら? 長寿になっている現代人は誰にでも認知症になってしまう可能性があります。 認知症になってしまうと物事の判断能力が欠けていってしまいますので、 家族間の大事な話し合いがまとまらなくなってしまいます。 その場合、後見人をつけるのですが、 後見人をつけるだけでも半年ほどかかり、この期間は相続する口座か ...

Copyright© 終活物語 , 2020 All Rights Reserved.