終活に関連する情報から60代以上の人を対象にした情報をあつめていきます。

終活物語

「お墓」 一覧

お墓

代々受け継いだ墓を手放す「墓じまい」が増えてます。お墓の維持費が負担になっている、お墓参りが行くことができなくなったら要検討

あなたはお墓の管理はしっかりと出来ていますか? 少子化の影響もあり、墓守ができない、墓守の継承者がいないということが問題になってきています。 「お墓の維持費が負担になっている」 「高齢者になってしまってお墓参りが行くことができない」 「お墓を処分するか迷っている」 お墓を管理する上で、思いもよらない悩みが出てきます。 先祖のためにお墓を維持してきたけれど、自分の負担が大きすぎると感じたら 「お墓の墓じまい」を検討するのも一つの方法です。 墓じまいとは 墓じまいとは、墓を仕舞うこと。お墓を解体・撤去するという意味で、 お寺の墓地や霊園からお墓そのものを片付けて返還することです。 お墓を守る人がいない、お墓のある場所が遠くてなかなか行かれないという理由で 墓じまいを考える人が増え、テレビや新聞でも取り上げられるようになりました。 Yahoo!ニュースでも「墓じまい」についての記事が上がっています。 代々受け継いだ墓を手放す「墓じまい」が増えているといいます。こうした中、注目を集めているのが「納骨堂」。弔いのかたちがいま、変わろうとしています。https://t.co/Z9BGucJSmP ...

no image

お墓

なぜ霊園の現地見学が必要なのか?これからお墓の探す人は失敗しないように下見に行きましょう

2018/9/25  

この記事ではなぜ霊園の現地見学が必要なのか?について記載していきます。 最初に自分はお墓を立てる必要があるのか?を調べておきます。 お墓を立てる必要性がある人はこのような場合です。 先代からのお墓がなくて新規にお墓を建てないといけない 家族や親族との関係性が悪いなどが原因で先代からのお墓に入りたくない・入れない 自分で新しくお墓を建てたい(子供がいない、娘が嫁いでいる、子供に迷惑かけたくない) 田舎にお墓があるが不便なので、新しく買う必要がある お墓に関係することは自分が生きているうちに決めておかないと 遺族にとっての負担要素になります。 できる限り遺族の負担を減らせるようにどうするか決めておきましょう。 霊園の敷地・お墓を買うのって結構競争力が高くて、気がついたらなくなっていたということもあります。 霊園・墓地の違い 霊園にも種類がありますので最初に違いを抑えておきましょう。 霊園には ・都道府県市町村の自治体が管理する「公営霊園」 ・公益法人・宗教法人が管理する「民営霊園」 ・お寺が管理する「寺院霊園」があります。 寺院霊園は墓地(寺院墓地)と同義です。 寺院霊園の場合には、自分の ...

Copyright© 終活物語 , 2019 All Rights Reserved.