終活に関連する情報から60代以上の人を対象にした情報をあつめていきます。

終活物語

相続 終活

生前贈与に困ったら税理士無料相談を受けよう

投稿日:

自分の持っている財産・財産のどうやって子供や孫にわたすのかも
終活をするのにあたり、決めて置かなければならない大事なことです。

財産を次世代に引き継ぐにあたり、
「生前贈与」という方法があります。

生前贈与とは?

人が亡くなった時後に、亡くなった人の財産を引き継ぐことを「相続」と言い、
人が生きている間に、財産を与えることを「贈与」と言います。

相続、贈与ともに財産を次の世代へ渡すことを示し、
生前贈与は「生きているうちに、自分の財産を渡すこと」です。

厄介なこととしては「相続」「贈与」ともに税金がかかる点で、
それぞれ「相続税」「贈与税」を呼ばれます。

日本の相続税・贈与税の負担は世界的に見ても重く、
G7の中でも税率が一番高いです。

生前贈与のメリットとしては以下があります。
・相続人以外に財産・をわたすことができる点
・財産を確実にわたすことができる点

生前贈与のデメリットとしては

生前贈与は、相続よりも税金が高くなる傾向があります。

贈与税には年間110万円の基礎控除額が規定されています。

基礎控除以内の金額であれば贈与税がかかりません。

また、贈与税には特例があります。

この贈与税の特例は「贈与の申告等」の手続きが必要になります。

特例がうまく活かせると贈与税をおさせて財産を次世代へ残すことができますが、
手続きに失敗すると多額の贈与税がかかる可能性があるため税理士に相談したほうが良いです。

贈与税の特例

[1]直系尊属から「住宅取得等資金」の贈与を受けた場合の非課税
[2]直系尊属から「教育資金」の一括贈与を受けた場合の非課税
[3]直系尊属から「結婚・子育て資金」の一括贈与を受けた場合の非課税
[4]相続時精算課税制度

アミエル税理士法人では生前贈与の無料相談を行なっています。

・相続税がどのくらいかかるか、試算して欲しい
・不動産の売却を前提にしたときに、どのように相続をむかえたらよいか
・現状で、相続の際に小規模宅地特例が使えるのかどうか?

など相続に関する悩みは尽きません。

東京・神奈川・埼玉・千葉で贈与税・相続税の対策で困っていたら
アミエル税理士法人へ相談してみてください。
相続専門の税理士が在籍し、平日夜間・土日も無料で面談対応してくれます。

アミエル税理士法人

-相続, 終活

Copyright© 終活物語 , 2019 All Rights Reserved.