終活に関連する情報から60代以上の人を対象にした情報をあつめていきます。

終活物語

遺品整理

2018年に「古いレコードプレイヤー」は今うれるのか?オーディオは中古でも重要があるので売れます

更新日:

「新しいオーディションシステムを買い直したいので、置き場所がないから古いレコードプレイヤーを処分したい。」
「親から受け継いだレコードプレイヤーがあるけど邪魔なので処分したい」
「レコードは管理が面倒なのでレコードプレイヤーを処分したい」

こういった悩みはあると思います。

問題は

オーディオの処分ってお金がかかるんですよね。

2018年の今でこそ、↓のような小型のレコードプレイヤーが出てきましたが、昭和の時代にあるレコードプレイヤーは非常に大きく場所を専有します。

木目調の立派な台がくっついていたらなおさらですよね。

レコードプレイヤーで音楽を聞くのにあたって「アナログレコード」自体の管理も大変です。
専用のビニール袋へ入れて、棚に入れて置くのですが、
ぴったりサイズではないのでビニール袋の端が折れ曲がってしまってうまく収納できなかったりします。

また何年も放置していたらビニール袋の切れた場所をセロテープで補強した部分がネバネバしていたりして困るんですよね。

自分の気に入っていたアナログレコードは思い出の品として置いておきたいけど
それ以外は処分しようかなと検討するのは当然の流れです。
だって聞かなくて思い入れの少ないものをいつまでも所持しておけません。

アナログレコードは幸い不燃ごみで出せるので、ゴミ回収料金はかからないで処分ができます。

しかし、待ってください!

あなたの持っている処分予定のアナログレコードは売ると非常に高く買い取ってもらえる可能性があります。
アナログレコードの状態にも寄りますが、『中古価格で数万円』になる貴重なアナログレコードが自宅に眠っている可能性があります。

アナログレコードをゴミ置き場へ置きに行く前に

もしかしたらこのレコード売れるんじゃないか?

と疑ってみてください。

そして売れるのはアナログレコードだけではありません。
古くなったレコードプレイヤーも売れる可能性が十分にあります。

「何十年も前のレコードプレイヤーなんだから売れるわけがないでしょう?」とお思いになるかもしれませんが、

古いものは売れないではありません。

オーディオは古くても、古いオーディオ愛好家が日本中に存在しますので、
あなたがいままで大事にしてきたレコードプレイヤーの価値がわかる人たちがたくさんいます。

レコードプレイヤーを捨てるとなると、粗大ゴミ扱いになりお金が発生しますので、
売れたらゴミ支払いにお金をだすこともなくなります。

古いオーディオに価値がある!ということがわかり、
オーディオ買取業者が2019年になって増えてきています。

「オーディオ買取業者は古いオーディオを探すためにお金を出す」
「古いレコードプレイヤーを処分したいユーザーは売ることで捨てるときの費用がかからない」

とお互いwin-winな関係になれるので余計に業者が増えていますね。

そうなるとどこの買取業者にまかせていいかという悩みが出てきます。

そこで当サイトでは『出張買取』を行っていてかつ、サポートに定評のあるオーディオ買取専門店の「オーディオの買取屋さん」をおすすめします。

『出張買取』とは重いレコードプレイヤーを自宅から出さずに買い取ってくれるサービス

古いレコードプレイヤーは大きいのでとにかく重いんです!

持ち運びが大変なので余計に自宅の奥へしまわれてしまう傾向が強いのですが、
中古オーディオを買取している業者では『出張買取』というサービスを行なっています。

『出張買取』は自宅にいながら、家にある物を買い取ってもらえるサービス。

業者が自宅まで来てくれて、その場で査定開始します。
査定の金額はあなたが納得する良いものであれば、その場で商談成立し、その場で現金払いされます。

出張買取ですと、売る側の苦労はほとんどありませんよね。

しかも!『出張買取』の良いところは自宅にいながら物が売れるだけではありません。

『出張買取』にかかった査定代、スタッフの移動運賃など諸経費はすべて業者持ちです。

売る側は『無料』で出張買取のサービスを受けられます。
もし査定金額に納得がいかなくて、「やっぱり売りたくない」となった場合でも「無料」ですので気軽に相談できるのが強みなんですね。

「オーディオの買取屋さん」の出張買取をためしてみる >>

どこの出張買取業者を利用する?

数多くあるオーディオ買取業者の中でも、当サイトでおすすめしているのがオーディオ買取専門店の「オーディオの買取屋さん」です。

  • 客負担金額ゼロ
  • 即日最短30分・無料出張査定
  • 余計な手間はなくスムーズ
  • オーディオ機器専門スタッフが価値ある査定判断
  • 『出張買取』の査定金額で商談が成立したらその場で現金払い
  • 年中無休・全国対応

オーディオの知識がある専門スタッフが査定に来てくれるので、
このMDコンポにはこういう価値がある!という細かいところまでわかってくれます。

対応エリアは全国区で幅広いので、都心に住んでいなくてもサービスを利用できますよ。

店頭対応店舗

即日出張買取対応エリアは「※東京・神奈川・埼玉・千葉・群馬・栃木・茨城・長野・静岡・愛知・三重・岐阜・滋賀・大阪・兵庫・奈良・京都・和歌山」

全国出張買取に対応しています。

オーディオの買取屋さんの高額買取ブランド

Accuphase
(アキュフェーズ)
B&W
(バウワース アンド ウィルキンス)
Mcintosh
(マッキントッシュ)
TANNOY
(タンノイ)
FM Acoustics
(エフエム アコースティック)
EXCLUSIVE
(エクスクルーシブ)
Jeff Rowland
(ジェフローランド)
LUXMAN
(ラックスマン)
DENON
(デノン デンオン)
STUDER
(スチューダー)
Westlake Audio
(ウエストレイクオーディオ)
JBL
(ジェイビーエル)
Mark Levinson
(マークレビンソン)
Marantz
(マランツ)
Esoteric
(エソテリック)
NAGRA
(ナグラ)
Micro
(マイクロ)
Western Electric
(ウエスタン エレクトリック)
SME
(エスエムイー)
Garrard
(ガラード)
THORENS
(トーレンス)
VITAVOX
(ヴァイタボックス)
Connoisseur
(コニサー)
Uesugi
(上杉研究所 ウエスギ)
EMT
(イーエムティー)
Ortofon
(オルトフォン)
TANGO
(タンゴ)
Fidelity-Research
(フィデリティリサーチ)
AudioNote
(オーディオノート)
ONKEN
(オンケン)
Technics
(テクニクス)
Telefunken
(テレフンケン)

「オーディオの買取屋さん」の出張買取をためしてみる >>

オーディオの買取屋さん以外にも査定を出してみたいなら「音屋」

色々なところに査定を出して金額を確認してみたいというのは、ごくごく当たり前のことです。
オーディオの買取屋さん以外にも査定を出してなら「音屋」がおすすめです。

「音屋」の出張買取をためしてみるにはこちらから  >>

「音屋」店頭対応店舗

関東エリア

品川店、池袋店、八王子店、板橋店、世田谷店、杉並店、成増店、津田沼店、高崎店、松戸店、水戸店、川崎店、横須賀店、岩槻店、所沢店、川口店、宇都宮店

関西エリア

吹田店、堺店、西宮店、京都店、生駒店

中部エリア

名古屋店、岐阜駅前店、四日市店、浜松店、静岡店

九州・中国エリア

広島店、小倉店、思案橋店、下関店、熊本店、大分店

自宅に眠っているレコードプレイヤーがあったら、粗大ゴミにするまえに一度中古買取業者へ査定を出してみてください。

思わぬ金額が付くことも十分ありえますので、捨ててしまうのは非常にもったいないです。

そしてネットの問い合わせが苦手な方向けに電話による査定申込みも受け付けています。
電話の方がすばやく対応してくれますので急いでいる場合には、電話査定を検討してみてください。
お電話から最速30分で対応してくれます。電話の方がやり取りがしやすいですしね。

レコードプレイヤーを捨てる前には一度査定をしてみてくださいね。

オーディオ機器の買取査定の電話番号はこちらから  >>

-遺品整理
-

Copyright© 終活物語 , 2019 All Rights Reserved.